HOME 料金表 ガラストラブル事例 ガラストラブルQ&A 作業内容 対応エリア ガラスの豆知識

中野区(ガラス修理 ガラス交換 取り替え ガラス割れ ガラス屋)ガラスの生活救急車

中野区のサッシのパッキンの劣化 2018.09.26

41ac9d74528b408e0ed3948e45727c3f_s

 

 

サッシのパッキンの交換時期が気になったことがある方、いらっしゃいますか?
サッシのパッキンとはゴムで出来ていて、見た目がチューブのようになっており、窓ガラスとサッシをしっかりと密着させるために取り付けられているものです。
このパッキンが付いていなければ、窓ガラスとサッシの間に隙間ができてしまい、その隙間から外気や雨水が入ってきてしまいます。
最近サッシがガタつく、サッシを閉めていても冬は寒く夏は暑い、そのように感じていらっしゃる方は一度サッシのパッキンが劣化していないか確認した方が良いでしょう。
パッキンの部分を触ってみると硬くなっている、破れている、カビが生えている、ということも交換の目安になります。

 

 

ご自身でパッキンの交換をされる方もいらっしゃいます。

大まかな手順としては、以下のようになります。

1.窓枠から窓を外す
2.外した窓にマスキング用テープでしるしを付ける
3.サッシについているネジをドライバーで外す
4.サッシが外れたらゴムパッキンにカッターで切れ目を入れて外す
5.ゴムパッキンを綺麗に外すことができたら新しいゴムパッキンをはめる
6.サッシを外す前と同じようにはめる
7.窓を窓枠にはめる

 

 

ご自身で作業される際に難しいのは、窓枠から窓を上手く外すことや、作業の途中に窓ガラスが割れてしまうことです。
自分には難しいかもしれない…と感じる場合は、無理せずプロに相談しましょう。

ガラスの生活救急車は、見積もり無料です。
サッシのパッキンの交換、窓ガラス交換など、お気軽にご相談ください。

対応エリア

店名
中野区(ガラス修理 ガラス交換 取り替え ガラス割れ ガラス屋)ガラスの生活救急車
住所
東京都中野区
営業時間
6:00~25:00
定休日
年中無休
電話番号
0120-321-097