HOME 料金表 ドア鍵トラブル事例 ドア鍵トラブルQ&A 作業内容 対応エリア ドア鍵の豆知識

小平市(鍵屋 鍵交換 鍵修理 鍵開け 玄関 引き戸)鍵の生活救急車

小平市のシリンダー錠の種類 2018.08.03

496480e2376094362d9b21ff4ca649b8_s

 

 

みなさんはシリンダー錠の種類について詳しく知っていますか?
シリンダー錠とは一般的な住宅などによく使用されている錠で、鍵穴内部太い円筒の中に細い円筒が入っていて、鍵を差し込み内筒を回転させることで開閉する構造になっています。
今回は、そんなシリンダー錠の種類についてご紹介していきたいと思います。

 

 

シリンダー錠の種類は5種類あり、それぞれの名称と特徴は下記の通りです。

 

 

【ディスクシリンダー錠】
ディスクタンブラーという、シンプルな構造のシリンダー錠です。 タンブラーの形が円盤のような形をしている為、ディスク(=円盤)シリンダー錠と言われます。1970年代に急速に広まり日本の多くの住宅で使われていますが、ピッキングに弱く、現在はメーカーでの生産も終了しているのが特徴です。

 

 

【ディンプルシリンダー錠】
非常に複雑な内部構造を持ち、鍵は従来のタイプのように鍵山が無く、表面にデコボコとしたくぼみがあるのが特徴です。ピッキング対策を考え作られた、とても防犯性の高い錠前になっています。比較的新しい戸建て住宅やマンションなどに多く使用されています。

 

【ピンシリンダー錠】
一列に並んだタンブラーの形がピン状になっており、ピンタンブラー錠とも言われます。鍵の刻みが一方向にしかないのが特徴です。現在、日本の住宅で多く使用されている種類のひとつです。ロッカーや机の引き出しなどにも多く使用されています。

 

 

【マグネットタンブラーシリンダー錠】
鍵の側面に磁石が埋め込まれているのが特徴です。鍵表面にも磁石が入っており、タンブラーと鍵表面の磁石がすべて反発することで、内筒が回転する仕組みになっています。S極とN極の配列がひとつでも合致しないと回転しないので、防犯性にも優れています。住宅をはじめ、スーツケースやコインロッカーなどに多く使用されています。

 

 

【ロータリーディスクタンブラー錠】
ディスクシリンダー錠の後継として開発された比較的防犯性に優れた鍵です。「C」のような形をしたタンブラーを、ロッキングバーと呼ばれる棒状の部品で押さえることで施錠できます。日本では、住宅以外にはほぼ使われていないのが特徴です。

 

 

カギの生活救急車では、様々な鍵の取り付け・交換に対応しております。
鍵のトラブルにも対応しておりますので、何かお困りの際にはお気軽にお問い合わせください!

対応エリア

店名
小平市(鍵屋 鍵交換 鍵修理 鍵開け 玄関 引き戸)鍵の生活救急車
住所
東京都小平市
営業時間
6:00~25:00
定休日
年中無休
電話番号
0120-321-097